FC2ブログ

ちょっときもので・・・

わたしの きもの あれこれ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

童と一緒に  



夏の着物のお手入れが出来上がってきたということと、
母の羽織を1枚、私のサイズに直してもらい、
年明けに着たいな ... と思って、浦和まで行ってきました。

なんだかとっても、この着物に袖を通したくなりました。
私が最初に、自分で買った1枚です。
だけども ... 選んだのは母です(笑)。
着物の事は、ほとんど知らず、何をどう選んだらいいかも
あんまりピンとこない。
初めて着物は、柔らかもので、それは、母と祖母が
誂えてくれたものだったんだけど ... 普段着にならないしね。

地味じゃないの?

と、思ったのだけど、絶対にいいよ、と言うので、
ふぅ〜ん ... という感じで決めた1枚でした。


mao_warabeb.jpg

モテ帯(笑) の 由季野の童帯で。
山本由季さんの個展に初めて出かけた時に、母が購入したもの。
かれこれ ... 10年超えますか。


mao_warabec.jpg

今日は、朱赤の帯び回りで。
紅葉の季節だしね。

絞りの帯揚げ、ちょうど良く、グリーンがちらりと出てました。
帯締めは、三部紐の幅なんだけど、通常の長さがあるという
とっても便利なもの。


mao_warabef.jpg

そして、今日は、めちゃくちゃ驚きが ... 。

仕立て直しをしてもらおうと思っていたのは、
フランス人形柄の長羽織。
こんなに可愛い柄のお羽織を持ってるわけ〜?
と、母に、いいな、いいな〜 としつこく言ったのは
これもやっぱり ... かれこれ、10年前。
着ないなら、私サイズに仕立て直していい? と
これまたしつこくお願いし始めたのは、たぶん ... 5〜6年ぐらい前?

最初に、仕立て直すなら、この羽織からだな、と、
今日は、やる気満々で おがわ屋さんに持って行ったのですが ...

たとう紙を開いたら、女将さんに

羽織ってみた?

ううん、だって、大きいもの。

ちょっと羽織ってみて。

え〜、これ、羽織るの?

... ... ... ... (鏡を見る)

これ、このまま maoさん着れるよ。

え〜〜〜?!

これ、mao さんのサイズよ。

え〜え〜え〜え〜え〜????????


確かに ... 実は、ちょっとだけ、へ〜って思った事があったんです。
私の着物の袖は、一般的なお袖の長さ、尺三寸ではなくて、
尺五寸の丸袖にしています。(あ、今日の紬は、数少ない普通袖 ... 尺三寸です。)
これも、母の好みだったのですが、
この羽織のお袖は、尺五寸の丸袖だったのです。
母は、普通袖だったし、確か、尺五寸にした着物も仕立てていたと
思うけど、丸袖じゃなくて、四角袖でした。
だから、へ〜、丸袖も作ってたんだ ... と、昨晩、改めて
たとう紙をあけた時に、ちょっとだけ思ったんでした。

羽裏もすっごく可愛くて、端切れをもらって、
半衿として使ってたくらい。

女将さんも記憶を辿って ... 反物でしばらく持っていた時期があり、
その後、もういいわ〜 mao にあげるから、と、確か、
仕立てたんだった気がする、と。
確かに、母の羽織を、私サイズで仕立てるわけないし。

そのうちに ... と思って、サプライズで仕立ててくれたのかもしれません。
覚えているのは、お店で、母が預けてあるという反物の、
フランス人形柄見て、すっごく可愛いと思ったこと。
そしてそれが、誂えてもらった柔らかものに合わせる羽織と
羽裏を選んでいる時で、母がこれは? と選んだのが、外国船の柄で ...
うーーーん と 決めかねて ...
フランス人形柄はありますか? と 聞いたんだった。
(その羽織の裏は、大きなフランス人形柄です)

maoさん、広げてみなかったの?

うーん、綺麗に畳んであるし、いつも、たとう紙だけ広げて
可愛いなぁ〜 ... と 眺めていただけ (10年もの間・苦笑)

母は、何かの時の サプライズにしようと思っていて、
忘れちゃったんだと思う。

なんだよなぁ〜 こういうサプライズですか ...
泣けてくるから、やめてくれよぉ〜


mao_warabeZORI.jpg

帯び回りを朱赤にしたら、真っ赤なお草履が履きたくなった。

母の草履。
少し光沢のある朱赤の台に、同じ色の 極太別珍鼻緒。
かなり太いですが、めちゃくちゃ可愛い。
足袋も、別珍にしました。

意気込んで持って行った お羽織は、そのまま帰宅(笑)。
来週、おがわ屋さんのクリスマスパーティで、デビューすることにしました。

ご紹介は、来週に ... 。


あ ... 帰りに、デパートに寄り道をして、
お夕飯のお買い物。モテ帯の威力は、ここで発揮(笑)。
可愛いね〜と、声をたくさんかけていただきましたっ!

スポンサーサイト

category: 冬のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 8

小春日和のお出かけ  

mao_yukinoTSUMUGI.jpgmao_yukinoTSUMUGIb.jpg

11月25日までの、美術展2つに出かけました。
この冬は、たくさん着物が着たいなぁ ...

由季野 ... 山本由季さんの紬の着物と帯で。

この着物に合わせた、由季野の黄緑色に白い花の帯があって
その組み合わせで着ようと、1週間ずっと考えていたんですが、
昨晩、小物と合わせたところ ... うーーん、ちょっと違う。
帯揚げと帯締めの色で、これがいい、というのがなくて
どれも、なんだか中途半端な色味。
ま、いっか、では、残念。

あ、そうだ ... 帯。

ピンときたのが、この綸子の帯。


mao_yukinoRINZU.jpg

着物の色目ともぴったり。
帯を着物にのせたら、小物の色は自ずと決まりました。

ピンクと紫(青が強い)が市松に染められてある帯揚げ
2色の染め分けてある丸ぐけ。


mao_yukinoTSUMUGId.jpg

着物は、淡いポンポンの間に、薄らとお花が散っています。

可愛いな〜この組み合わせは、かなり好みだ (自画自賛)。

ところで、この帯には仕掛けがあって (仕掛け ... というのだろうか・笑)
締める時に、すべての行程を逆周りにすると、全く違う柄になります〜!
今日は、通常周りにしたので、前が柔らかいグレイ&ピンク系ベージュ。
お太鼓に、大きなバラ!
逆周りは ... また次の機会に〜。(これがまた、可愛いんだ!)


mami_BoheGLass.jpg

夏以来、着物に袖を通していない〜というので、
じゃぁ〜一緒に行こうよ、と mamiさんを誘って。

mamiさんが見つめているのは、シェリーグラス。
シェリーが好きなmamiさんは、
けっこう本気に 欲しい ... と思ったらしい(笑)。


mao_BoheGlass.jpg

ボヘミアングラスは、様々な様式や技法を取り入れているらしく、
陶器に影響を受けて、白いガラスを作ったこともあるんだそうです。
ちょうど、到着したら、学芸員の方のレクチャーをやっていて、参加。


mao_BoheGlassc.jpg

バラ柄のゴブレットなどありまして、あら ... 可愛い〜

町田市立博物館が持つ、ボヘミアングラスの数は、国内最大級だそうです。
ボヘミアングラスだけを展示するのも、10何年ぶり。
町田市、すごいじゃん ... と、ちょっとびっくり。


mao_yukinoBAG.jpgmao_yukinoBagb.jpg

博物館の前で。
半衿は、白で。絞りなので、ふっくら感が衿元にでてくるから、
白でも、寒々しい感じがしません。
山ぶどうの籠と、由季野のバッグ。

由季野3点(笑)、みんなそれぞれ違う時期に手元に来たものですが、
色も雰囲気も、お揃いみたいだ〜。
同じ作家さんのものとは言えど、柄も色も、様々なので、
こんなふうになるのは、私がどんな色が好きで、
どんな雰囲気の柄が好きか ... ってことなんでしょうね。


mami_hanga.jpg

博物館を後にして、次は、版画美術館へ。
広重&北斎展を見に行きました。今回は、会期も前期、後期で作品を
すべて入れ替え、その他にも随時入れ替え ... というかなり大きな企画。
展示数も、ものすごく多く、すでに博物館で時間を使ったせいか、
途中で、疲れてきてしまった〜。

はしごはけっこうキツい、展示内容でした。


mami_hangac.jpg

mamiさんは、沖縄コーディネートで。
久米島紬に、渡名喜はるみさんの紅型帯。
イジュの花にトリが飛んでいる、渡名喜さんのお得意モチーフ。

秋になったら、この帯は、紫の小物を合わせるといいよ〜
と、作家さんご本人から伺ったそうで、
帯揚げは、濃い紫の無地でした。

朱赤の下駄がかわいいね。


mami_hangab.jpg

この久米島のすそ回しをどうしよう〜と悩んでいたのを覚えているよ。
芥子色はどうかなぁ ... と聞かれて、
濃い地色に芥子を合わせてある着物があるので、
その写真を見せた事がありますね。こんな雰囲気だよ、って。

あ、mamiさんも、山ぶどうの籠。
mamiさんのは、太目に裂いた皮で編んであります。
サイズも大きくて、野性的。


mao_hanga_20121118230726.jpg

昼間、とっても暖かくて、お天気も良くて、
車移動だし、羽織はせっかく着ても ... な日だったので、
ウールのショールだけ羽織って。

これ、この着物に合わせたの〜?

いえいえ、これウールだし、もう、ずっとずっとずっと昔のだよ。

合わせて買ったみたいな色だ ... という事でした(笑)。

足元は、別珍鼻緒のお草履。
鼻緒がかなり緩くなって来たので、来週、締めてもらいに預けようかな。
ちょっと歩き辛かった (特に坂道)。

category: 冬のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。