FC2ブログ

ちょっときもので・・・

わたしの きもの あれこれ

夏休みの終わりに  



8月1週目から、ポチポチ ... と 単発で取得していた夏休みも、最後。
静岡から、着物友達のtomokoさんが東京へ出てくるので、
東京駅周辺で遊びましょう〜という計画。
三菱一号館美術館の浮世絵展が、ちょうど第三期を公開中。
暑い中、あちこちウロウロは大変なので、
ランチ、美術館、ビール ... というコース。


Ntsumugi_yukino2.jpgNtsumugi_yukino.jpg

暑い、暑い、と言って、ウソつき襦袢と浴衣ばかりで
夏着物に袖を通してない〜 ... 去年仕立てた 夏紬は、着ておきたい!

昼間なので、帯は明るく。山本由季さんの羅の帯。
着物にのせてみて ... あら ... 矢羽根の色と同じ、地色の帯!
黄色と白の大きな市松柄の帯揚げを合わせてみましたが、
帯の花の黄色が強めなので、更に黄色が入ると、ちょっとうるさい。

薄いピンク地に、青と茶色でポイントが入った帯揚げ。
置いたら、綺麗に繋がりました。
帯締めは、観世組。


galette.jpg

tomokoさんお気に入りの ガレットのお店、ヴァンピックル にて ランチ。
トマト ムール貝 ルッコラ の 本日のガレット を いただきました。

この後、一号館美術館へ。


mao_zori_neko.jpgmao_tomokoZORI.jpg

美術館にて、mamiさんと合流。
待っている間に、足元撮影(笑)。

私は、今日は お草履で。
水色の鼻緒には、黒猫と足跡。
この鼻緒に合わせて台を選びましたが、当時、夏用のお草履を持っていなかったので、
主に、夏に履く目的で、同じ水色台にして、すっきりと。

tomokoさんは、桐草履で。


mami_ojiyaASA1.jpg
Ntsumugi_yukino4.jpg

合流した mami さんは、小千谷縮 に 麻の名古屋帯。
帯枕なし、帯揚げだけにして、お太鼓結びだけど、角だし風。
張り感のある麻の名古屋帯なので、
お太鼓の内側を外へと折り曲げてしまって、膨らみを作ります。

私は、いつもの角だしで。


Ntsumugi_yukino3.jpgmami_ojiyaASA.jpg

美術館のお化粧室(笑)。

mamiさんの麻帯は、私が最初に購入した 夏帯 です。
もう10年以上前 ... 。何年も締めてなくて、他に締めたい帯も増えてきて、
どう? と 聞いてみたら、締めてくれる、というので、お嫁に出しました(笑)。


Ntsumugi_yukino6.jpgtomoko_marunouchi.jpg

美術館の後は、新幹線の時間まで、ビールを飲みに!
tomokoさんは、麻の着物に麻の名古屋帯。大胆な柄が、彼女らしい。

しかし ... 暑い。風がないし、ちょこっと吹いても熱風。
美術館内が、とっても涼しくて快適だったので、外に出たとたん、
汗がふきだしてきます ... 過酷〜


mami_tomoko.jpg

ランチの場所も、美術館も、この後に向かった ベルギービールのお店も、
みんな すぐ近くに位置しているんだけど、どれが何というビルなのか、
よくわからない 〜 検索 検索 ...


beer.jpgbeer2.jpg

ベルジアン ビア カフェ アントワープ セントラル で
まず、ヒューガルデン の モヒート で 乾杯。

おつまみに、
りんご豚の自家製ソーセージ
ムール貝 ブルゴーニュ風 (エスカルゴバター)
フライドポテト

ランチが遅かったせいもあり ... そして モヒートがたっぷり
ビールもたっぷり だったので、すぐにお腹いっぱいに。
時間もちょうど良い頃合い。まだ電車もそれほど混んでいなくて、座る事できました。

帰宅後、すぐに 肌着類を お洗濯〜♪




スポンサーサイト



category: 夏のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 8

夏着物始め の 一枚   

mao_kinukobai2.jpg

無駄に暑い ... 日が続いていますが、夏休み期間なので、
とにかく着ます! でも、お出かけは、できるだけ夕方から。

都心、しかも丸の内、ということで、まんま浴衣じゃない方がいいでしょう ...
でも、カジュアルな感じで、という打ち合わせをしていたのですが、
さて、どうしよう ...

これは、私の夏着物始めとなった一枚です。

梅唐草文様 の 絹紅梅。

着物を着始めた最初の年の夏は、母が買ってくれてた
ポリエステルの絽の着物。もちろんプレタ。
でも、その柄が大好きでした。桃柄。
がんばって着たんだけど、当時のポリエステルの着物は
暑くて、暑くて ... 。足元から、もぁ〜っとあがってくる暑さ、不快さ。
そして翌年、絹の夏着物を購入。
お店のウィンドウに飾ってあって、一目惚れでした。

絹紅梅は、高級浴衣 ... の類にも入るそうなので
嘘つきで着てもいいのですが、これは無理。
透け感が強いので、袖から腕がしっかり透けてしまいます。
お襦袢を着なくてはいけません。
なので、この暑さの中、どうしよう、となかなか決心がつかなかったんだけど。

去年、袖を通してないし、着よう!


mao_kinukobai5.jpg

当時は、麻の名古屋帯を合わせていましたが、
その記念すべき、最初の夏帯 ... 今は、友達が締めています (笑)。

さて、どの帯を合わせるか ... 。
母が、私が着物を着始めた頃に、夏大島を誂えてくれて、
それに合わせた帯です。しかし、どちらも渋くて。
この帯は1度、締めましたが、やっぱりなんだか 地味?すぎて
イマイチだなぁ、と思ってました。これと合わせた夏大島は、
今年、挑戦しようと思いましたが、やっぱり渋い。まだもうちょっと先。

この、紗紬の帯を箪笥の中から引っぱりだし、合わせてみたら、
あら、いい感じじゃないですか!
すごく涼しげに見えるよ。でも、スッキリしすぎる?

帯揚げは、黒だな ... と 黒を置いてみたら、
あ、帯締めはあれで、帯留めも あれ だ ... と、
トントンっと決まり。
半衿は、地紋入りの薄い水色。


mao_kinukobai3.jpg
mao_kinukobai4.jpg

久しぶりに、お太鼓柄の名古屋帯を締めたので、
柄出しに苦労しました。特に、仕立てが、ぴったりギリギリなようで、
これ以上、前柄を前へずらすと、手が短すぎてしまいます。

えーーー、なんで? と 前に締めた時は違ったのに〜

補正のせいです。前に締めた時は、補正は全くなしでした。
胸下にタオルだけだった。ここのところ、しっかりと補正をしているので、
胴回りがけっこうパンパンです。
最近のお仕立ては、少し余裕ありで縫うようで、
しっかり補正をするようになって、これまで手こずっていた
手先やたれ先の処理が楽になりました。

この帯を締める時は、ウエストパッドは、薄めの方がいいみたい。

2種類あるのですが、この夏は、ヘチマ素材の固いものを使っています。
固いので、身体から少々浮き気味になります。
その分、胴回りは太くなるわけですから、
ギリギリの長さだと、少し足りなくなるわけ。


mao_kinukobai6.jpg

帯留めは、一條朋子さんのガラス。

暑いですが、出来るだけ地下移動で目的地を目指します(笑)。

目的地は ... 追記にて。


-- 続きを読む --

category: 夏のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 5

熱波の中へ   

mao_arimatsu13aug.jpg

三菱一号館美術館での 浮世絵展、第二期は、11日まで。
さて、なかなか時間が取れないなぁ ... と思っていましたが、
ギリギリ、10日 土曜日に行く時間が取れました。
最初の予定は、金曜日だったのですが、カフェの予約が取れなくて
土曜日に変更。

でも、金曜日の方が良かった ... と思う。
土曜日は、暑いかった。暑すぎる。
こんな日は、外に出ちゃダメだ、と思うほど、暑い。
着ていこうかな、と思っていたのは、麻の着物に、上布の帯。
でもね ... お襦袢を着るとなると、肌襦袢も着るしね。

暑いよ。

あーー、どうしようか。
ウソつき襦袢で大丈夫な浴衣にするか、それともがんばって麻の着物を着るか。


morphee_arimatsu.jpg

ボクは、こっちにした方がいいと思うよ (もふっち)

... と、モーフィが言ったので (あはは ... )

有松絞りの浴衣に、ウソつき襦袢、由季野の麻の半幅帯
一條朋子さんの ガラスの帯留め

と、汗をかいてもすぐに洗濯できるものに決定。


mao_arimatsu13augb.jpgmao_arimatsu13augf.jpg

帯留めには、金箔が入っています。この雰囲気だと、1年中使えます。
帯揚げの色をどうしようかなぁ〜と思いましたが、
帯留めを置いたら、すんなり決定。

貝の口って、ぺったんこ という印象が強く、
簡単な結び方ですが、イマイチ 積極的に結ぶ気にならなかったのですが、
麻の帯で 貝の口を結ぶと、ふんわり ... と なります。
それでいて、コンパクトなので、軽快感もありいいですね。
だけど、しっかりシワが残るので、明日は、アイロンをかけますよ。


mao_arimatsu13augd.jpgmao_arimatsu13auge.jpg

自宅からだと、多摩急行でそのまま千代田線へ。
二重橋で降りてからは、地下移動ができます。
美術館内は、かなり温度が低いので、今日みたいな暑さの時は、
もってこい!な 場所です。

浮世絵を見た後は、美術館カフェへ。

赤い真田紐の鼻緒 の 桐草履。足袋は、生成り色の麻。


ebi_harumaki.jpgnaporitan.jpg

カフェのディナーメニューから、海老とドライトマトの春巻き。
丸の内 ナポリタン ... 今、ナポリタンって流行っているらしいですね ... 。

帰りも、大急ぎで多摩急行に乗りました。
それにしても、夜になっても、ものすごく暑かった ... 。




category: 夏のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 4

夏休みの過ごし方  

mao_nagaoka13d.jpgmao_nagaoka13e.jpg

夏休みはどこに行くの? と、時期も時期なだけに、会話によくでます。
私は、1週間とか10日間とか、まるまる取得し辛いので、週末入れて
単発で取ります。海外等、遠出する予定でもないし (お猫サマたちがいますしね〜)
今年も、都内ぶらぶら と、冬&春から続けている、家の整理 ... だな、と思っていた時に ...

長岡の花火、見に行きませんか?
(かなり 過酷だけど ... と 一言ありましたが)

花火大会には、ほとんど興味がなくて、
群衆で chaotic! な事は、よくわかっていますし、
出かける選択肢の中に、入ってきた事がないのですが、
どっこも行かない夏休みもつまんないし
チケットが取れたら ... という条件付きだったので、
まぁ、そのぐらい緩い計画で、しかも、土日なら、
家の整理計画日程を潰さないでもいいし ... と、

行きます!行きます!

浴衣は、藍の帽子絞り に 上布の角帯。
変わり貝の口、マスターしたようです (笑)。
花火会場まで、30分ほど歩くし、買い出しの荷物もある、という事で、
絶対に、両手が空いている方がいいだろう、と判断。
由季野 の 斜めがけバッグ!


nagaoka_13h.jpg

宿は、越後湯沢にして (というか、長岡では取れないそうです)
新幹線で 長岡へ向かいます。
越後湯沢までは、車で。いろんなものを、ワサワサっと積めちゃうから、
やっぱり 車移動は楽ですね。
宿についた後、温泉にささっとつかる組 と、
たらたら支度組に分かれ、私は、たらたら 浴衣の支度。

新幹線に乗る前に、食べ物、飲み物、の 買い出し。
姐さんたち、さっそうと歩いて、うまいもん 探し (笑) 。

長岡までは、指定席にして、車内からビールで乾杯 (トイレがかなり心配) 。


mao_nagaoka13c.jpg

河川敷の指定席を取っていただく事ができました。
奇跡的 ... 本当に、ありがとうございます。

長岡駅から真っすぐ。途中、2度、用足しで寄り道し (おトイレ状況も過酷だね)
鼻緒をキツめにすげてもらってあるので、擦れが心配でしたが、
無事に、素足で会場到着。

少し曇り気味だったので、歩けばそれなりに汗もかき、
扇子やうちわなしでは、ちょっとキツいですが、
めげそうになるほどでもなかったから、ラッキー。
確かに、炎天下だったら、過酷です ... 。


mao_nagaoka13b.jpg

週半ばに降った雨で、信濃川の水は、たっぷりとしていました。
この距離で、水の流れがはっきりと見える ... かなり急な流れということですね。


nagaoka_13g.jpg

花火が始まったら、食べてる余裕ないよ〜

保冷バッグに入れてきた、冷えたビールで乾杯。

(おトイレが大変になるから、1人2本ぐらいじゃない?
重たいしね、なんて言ってたけど、結局足りなくて、買いに行ってしまいました)

お弁当ではなくて、焼き鳥、おやき、五平餅、お漬け物 を買って、
完全、飲み屋仕様 ... お腹いっぱい。


nagaoka13f.jpg

夕日をみながら、花火の打ち上げを待ちます。


nagaoka_hanabi3.jpgnagaoka_hanabi.jpg

陽も落ちて、始まり、始まり。


nagaoka_hanabi2.jpg
nagaoka_hanabi5.jpg

キレイ〜 真正面 〜

降ってくるよ〜


nagaoka_hanabi4.jpg

川に沿って、空一面に、花火 ...


nagaoka_hanabi6.jpg

橋の上にあがる、三尺玉の大きさに、ただただ びっくり ...


*********

帰りの新幹線があるので、終わりの少し手前で会場を後にしました。
そして ...
帰りが過酷だった。駅手前までは、花火終了前にでてきたせいもあって、
順調に歩けたのですが、駅手前からの歩道規制のため、人 人 人 ... 人
増便しているとはいえ、出来るだけ早い電車に乗りたいのは、みんな同じ。
エレベーター、エスカレーター、地下道がすべて使用できなくなっていたので、
とにかく時間がかかります。時間がかかって、電車に乗れないのは、
まぁ仕方がない、としても、酸欠になりそう ...

改札を入り、プラットフォームへ到着するまでは、
気をしっかり持っていないと、くらっといきそうになります。
ひたすら、「酸欠」「苦しい」という言葉を、考えないようにして、

歩く、歩く ... 階段を上る ... 上る ... 上る

酸素 プリーズ ...

*********

宿について、ゆっくり温泉に入り、3時まで シャンパーニュ、ワインを飲み、
寝る前、朝ご飯前、またまたお湯をいただき ... 家路へ。


yuzawa_lunch2.jpgyuzawa_lunch.jpg

越後湯沢駅前の、HATAGO井仙 というお宿に併設の
レストランでランチ。

米粉の 冷たい麺
鶏そぼろ丼

美味しかった〜


yuzawa_lunch3_2013080509320004a.jpg

ランチの後は、カフェに移動して、温泉コーヒーとケーキ。
レアとベイクド、両方のケーキをいただきました。

category: 夏のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 4