FC2ブログ

ちょっときもので・・・

わたしの きもの あれこれ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

藍木綿、帯を替えて  

aikurume_yukinoMizu.jpg aikurume_yukinoMIZU2.jpg

手織り草木染め 久留米絣、伝統工芸展にも作品をだしていらっしゃる
山村省二氏 の 工房、山藍さんの 綿の花の絵絣です。

水色の型染めの小花が可愛い紬の帯を合わせました。
黄色の帯揚げに、銀朱の冠組の帯締めで。


aikurume_yukinoTSUBAKI2.jpg aikurume_yukinoTSUBAKI3.jpg

別の日 ... 同じ木綿に、紫地色 の 型染め 椿柄 の 紬帯。
グリーン系の帯揚げに、紫の冠組帯締め。

帯は両方、山本由季さん作。


aikurume_yukinoTSUBAKI.jpg aikurume_yukinoTSUBAKI4.jpg

桜張りの台に、白い鼻緒の下駄で。

ちょうど、見える箇所に、椿の花がのぞきました。


kuro_nurigeta.jpg kuronuri_geta2.jpg

こまるちゃん と 呼んでいる 薄い藍色の紬着物の余布で、鼻緒を作って、
黒塗りの後丸下駄に挿げました。喜多方の黒澤桐材店さんにて。
黒塗りの後丸型で、とだけお願いして、つや消しにするか艶ありの塗りにするか等、
すべておまかせしました。つや消しの黒塗り ... 裏を朱赤の塗りで出来上がってきました。

母が、中学生まで暮らした喜多方の町。
私は会ったことのない、戦死した祖父の実家です。
子供の頃は、毎夏、喜多方の叔母のところへ遊びに行きました。
亡きいとこと一緒に、線路を歩きながら見た夕日の色が、ぼんやりと ... 今でも目に浮かびます。

そんな喜多方の伝統工芸、会津の桐下駄。
叔母の家の裏に、桐下駄の台が、高く積まれている風景を、父がよく覚えているそうで。
1年間、雨ざらし、雪ざらしにして、桐のあくを抜く工程だそうです。綺麗な白木への工程。
桐材の切り出しから、すべての工程をなさる職人さんは、数少ないと聞きます。
その技術を絶やさないで欲しいと心から思います。

category: 冬のきもの

tb: --   cm: 2

コメント

帯がかわいいなあ。素敵です。

桐のげたって一年も雨や雪でさらすんですか・・・知らなかった。
湿気で曲がったり、汚れたりしないものなんですかねえ。

URL | オリーブ #H7vKOzLA
2016/01/19 20:24 | edit

オリーブさん、そうなんですって!

私は、覚えてないのですが(苦笑)、父が、
叔母の家の裏に 積んであっただろうって ... 。

黒澤さんのHPのリンクをここにはったら、
書き込み制限 ... ということだったので、
その積んである下駄の写真をご紹介できなくて残念です ... 。

URL | mao #-
2016/01/19 20:37 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。