FC2ブログ

ちょっときもので・・・

わたしの きもの あれこれ

きものはじめ を 思い出して  

mao_Camellia090110.jpg

おがわ屋さん の 新年会 に 参加してきました。
しばらく袖を通してなかった小紋が着たくなって
帯をどうしようか と 考えて、いろいろ合わせてみた。
でも、新年だし、初心に返るっていうのが一番いいコーディネートだ、と
アールヌーヴォー柄の塩瀬の帯 に。

着物は 私の きものはじめ にと、亡き祖母と母が誂えてくれた
最初の一枚。何をどう選んだらいいのか、全くわからない中、
襦袢、半襟 と 合わせたことを思い出す・・・。

mao_Camellia090110b.jpg

着物があっても、帯がなくては着ることができないわ・・・というわけで、
塩瀬のアールヌーヴォー柄の帯を合わせてもらった。
ヨーロッパ演劇(イタリアが始まり)のコメディアがマリオネットになっている。

着物生活8年間の間に、何度も一目惚れをしてきたけど、
この帯は 一番最初の一目惚れ。
どうして 私が演劇を好きなことがわかったのかしら・・・
なぁんて その時は思うほど、この帯を見た時にはときめいた。

mao_Camellia090110c.jpg

当時、合わせた帯揚げは薄いベージュに音符の柄。
帯締めはピンクと金の三分紐と、くもりガラスに桜の花びらが散っている帯留め。
今回も、そうしようかな、と思ったのだけど、
この帯を締める時に何度も使っているコーディネートだから、
今回は ちょっと違う雰囲気で。

小紋のカメリアに合わせて、帯揚げもカメリア柄。
たっぷりとした縮緬なので ボリュームが出る。
さて、帯締めはどうしよう。白では浮くし、ピンクはちょっと・・・。
紫か茶色か・・・と迷い、今回はキメ色を持ってくるより、全体のトーン重視で茶色に。
(こういう色は自分では選ばないので、帯締めは母のものを拝借)

どうしてこの色にしたの~? と 女将さんから質問がでた(笑)。
今までとは違う しっとりしたコーディネートで 大人になったわね~ なんて(苦笑)。
確かに、ここのところ 少し「綺麗」に合わせたいなぁ、と思うので、
私の着方を知っている方々には、そういうのも伝わるのね。

参加した方々のお着物を少し・・・

sawano_090110.jpg

宝づくしの小紋に うるし が 織り込んである帯。
クリーム色の道明で 帯と着物の雰囲気がより柔らかに。

tanida_090110.jpg

糊糸目 という 染めの技法を使っているそうで、
ゴム糸目 では まっすぐな線しかできないけれど、
糊を使うと この松葉のように、繊細な動きがでるんだそう。

私は 着物はもちろんだけど、素敵な帯揚げだなぁ・・・と
帯び回りに目がいってしまった。

tomoko_090110.jpg

朋子さんは ホントに 紫が好きなんだなぁ・・・(しみじみ)
切りビロードの矢羽根の塩瀬は お気に入りの1本だったよね。
半襟に赤をもってきていて、朋子さんらしいコーディネート。
(帯締めは色違いで私も持ってる・笑)

umeno_090110.jpg

ものすごく久しぶりにお目にかかりました・・・マダム(笑)。
いつもいつも綺麗で、3年前(?)だったかな、クリスマスパーティの
カメリアづくし コーディネートは 今でも浮かんでくる。
今日は 新春らしく 淡い色のコーディネートだけど、
効かせ色で パキっと何かを持ってくるのは マダム流 だそう。
今回は この赤い帯揚げ と 黒と白の斬新柄の長襦袢(丑年を意識?・笑)。


category: 冬のきもの

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret