FC2ブログ

ちょっときもので・・・

わたしの きもの あれこれ

小春日和のお出かけ  

mao_yukinoTSUMUGI.jpgmao_yukinoTSUMUGIb.jpg

11月25日までの、美術展2つに出かけました。
この冬は、たくさん着物が着たいなぁ ...

由季野 ... 山本由季さんの紬の着物と帯で。

この着物に合わせた、由季野の黄緑色に白い花の帯があって
その組み合わせで着ようと、1週間ずっと考えていたんですが、
昨晩、小物と合わせたところ ... うーーん、ちょっと違う。
帯揚げと帯締めの色で、これがいい、というのがなくて
どれも、なんだか中途半端な色味。
ま、いっか、では、残念。

あ、そうだ ... 帯。

ピンときたのが、この綸子の帯。


mao_yukinoRINZU.jpg

着物の色目ともぴったり。
帯を着物にのせたら、小物の色は自ずと決まりました。

ピンクと紫(青が強い)が市松に染められてある帯揚げ
2色の染め分けてある丸ぐけ。


mao_yukinoTSUMUGId.jpg

着物は、淡いポンポンの間に、薄らとお花が散っています。

可愛いな〜この組み合わせは、かなり好みだ (自画自賛)。

ところで、この帯には仕掛けがあって (仕掛け ... というのだろうか・笑)
締める時に、すべての行程を逆周りにすると、全く違う柄になります〜!
今日は、通常周りにしたので、前が柔らかいグレイ&ピンク系ベージュ。
お太鼓に、大きなバラ!
逆周りは ... また次の機会に〜。(これがまた、可愛いんだ!)


mami_BoheGLass.jpg

夏以来、着物に袖を通していない〜というので、
じゃぁ〜一緒に行こうよ、と mamiさんを誘って。

mamiさんが見つめているのは、シェリーグラス。
シェリーが好きなmamiさんは、
けっこう本気に 欲しい ... と思ったらしい(笑)。


mao_BoheGlass.jpg

ボヘミアングラスは、様々な様式や技法を取り入れているらしく、
陶器に影響を受けて、白いガラスを作ったこともあるんだそうです。
ちょうど、到着したら、学芸員の方のレクチャーをやっていて、参加。


mao_BoheGlassc.jpg

バラ柄のゴブレットなどありまして、あら ... 可愛い〜

町田市立博物館が持つ、ボヘミアングラスの数は、国内最大級だそうです。
ボヘミアングラスだけを展示するのも、10何年ぶり。
町田市、すごいじゃん ... と、ちょっとびっくり。


mao_yukinoBAG.jpgmao_yukinoBagb.jpg

博物館の前で。
半衿は、白で。絞りなので、ふっくら感が衿元にでてくるから、
白でも、寒々しい感じがしません。
山ぶどうの籠と、由季野のバッグ。

由季野3点(笑)、みんなそれぞれ違う時期に手元に来たものですが、
色も雰囲気も、お揃いみたいだ〜。
同じ作家さんのものとは言えど、柄も色も、様々なので、
こんなふうになるのは、私がどんな色が好きで、
どんな雰囲気の柄が好きか ... ってことなんでしょうね。


mami_hanga.jpg

博物館を後にして、次は、版画美術館へ。
広重&北斎展を見に行きました。今回は、会期も前期、後期で作品を
すべて入れ替え、その他にも随時入れ替え ... というかなり大きな企画。
展示数も、ものすごく多く、すでに博物館で時間を使ったせいか、
途中で、疲れてきてしまった〜。

はしごはけっこうキツい、展示内容でした。


mami_hangac.jpg

mamiさんは、沖縄コーディネートで。
久米島紬に、渡名喜はるみさんの紅型帯。
イジュの花にトリが飛んでいる、渡名喜さんのお得意モチーフ。

秋になったら、この帯は、紫の小物を合わせるといいよ〜
と、作家さんご本人から伺ったそうで、
帯揚げは、濃い紫の無地でした。

朱赤の下駄がかわいいね。


mami_hangab.jpg

この久米島のすそ回しをどうしよう〜と悩んでいたのを覚えているよ。
芥子色はどうかなぁ ... と聞かれて、
濃い地色に芥子を合わせてある着物があるので、
その写真を見せた事がありますね。こんな雰囲気だよ、って。

あ、mamiさんも、山ぶどうの籠。
mamiさんのは、太目に裂いた皮で編んであります。
サイズも大きくて、野性的。


mao_hanga_20121118230726.jpg

昼間、とっても暖かくて、お天気も良くて、
車移動だし、羽織はせっかく着ても ... な日だったので、
ウールのショールだけ羽織って。

これ、この着物に合わせたの〜?

いえいえ、これウールだし、もう、ずっとずっとずっと昔のだよ。

合わせて買ったみたいな色だ ... という事でした(笑)。

足元は、別珍鼻緒のお草履。
鼻緒がかなり緩くなって来たので、来週、締めてもらいに預けようかな。
ちょっと歩き辛かった (特に坂道)。

category: 冬のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 6

コメント

なんとも、品があってエレガント。
後姿が、これまたドキッとするような油絵の絵画のよう・・・

はじめから、帯と着物をコーディネートして、秋のこの季節に合わせて買われたのかと思うくらいです。

こういうホワンとした色合いもお似合いですね。

お友達の方のきれいな黒髪と朱赤の下駄が伝統的な着物のコーディネートに、元気と若さが感じます。かわいいですね。

町田の博物館とかって看板やポスターはよく見て暮らしていますが
行ったことがありません。
お宝をたくさん収蔵しているとは、知りませんでした。

URL | オリーブ #H7vKOzLA
2012/11/19 10:33 | edit

うわ!!

よいわ!!

こういう合わせ方を・・でもほんとばっちりですよ!
この帯は2度楽しめますから・・またね!

とても可愛らしい・・
作家冥利です。ありがとうございます。

URL | yukino #-
2012/11/19 12:14 | edit

オリーブさん〜好きなものは

似ている雰囲気なんですね。
とってもよく合ったなぁ〜と、自分でも思ってしまいました。

以前は、あまり、こういう色を着なかったのですが、
最近はむしろ、ホワン色に目がいきます。

町田は、けっこういろんなものを持っているなぁ ... と。
以前、マイセンの展示に行った時も、そう思った事を
思い出しました。

URL | mao #-
2012/11/19 15:30 | edit

yukinoさま〜、よく合いました!

綸子帯、さて、どうあわせようか... とも考えていたんですが、
思わぬところで、これ!というコーディネートが出来ました。

ベッドの上に、おべべ広げて ぐふふふふ ... みたいな感じでした(笑)。
羽織着なくちゃ、羽織!

URL | mao #-
2012/11/19 15:32 | edit

お久しぶりです。

おくらばせながらお母様のご冥福を
お祈りいたします。


さすがmaoさん。わたしなら無難なコーデでおさまりそうな
紬のお色も紫の帯が映えますね!

お友達の足物の取り合わせも好きです。

赤、朱、緋、赤もいろいろあって愉しい・・・。


URL | minabo #-
2012/12/12 12:42 | edit

minaboちゃん〜 久しぶり〜

お着物着てますかっ??
由季野の小紋は????(笑)。

四十九日も終わり、一息ついてます。
この冬は、たくさん着たいなぁ〜と思って。
お草履も、コリだすと、たまりませんね〜

URL | mao #-
2012/12/12 18:40 | edit

コメントの投稿

Secret