FC2ブログ

ちょっときもので・・・

わたしの きもの あれこれ

Kimono Beauty 展 へ   

mao_nekoobic.jpg

雪が降るかも ... と、月曜日は1日、お天気が気になりましたが、
今朝、雪は降らずに、小雨。これなら予定通り!
今日は、猫友さんと、はじめまして ... な お出かけ。
ココが空に帰った同じ月、ココよりちょっとだけ早く、
彼女の大切な猫さんも、空に帰りました。
それ以来、私が、ルッパを看取る時、そして、彼女が、
もう1匹の大切な猫さんを看取る時 ... その時間の一部を共有してきた猫友さん。

その方に会うなら、絶対に、この帯しかないっ!

... というわけで、今日は、どうせなら、これでもか!にしちゃう、と
猫友ぷくさんリスペクト コーディネート。

この帯は、アンティークモール銀座で、7年ぐらい前に購入。
5匹の猫が、パッチワークになっています。
アンティークもののリメイク帯です。
この猫の柄、子供の着物だったのかしら ... 。
5匹のハチ割れ猫たち、このグレイのブチな感じが、
「おおぉ、ルッパだ!」と、思い、5匹ってところが、
「おぉぉ、家の猫たちの数だ!」と 勝手に理由付けしました(笑)。


mao_nekoobib.jpg

また、この猫が、可愛いんだよ!

もう〜どうせなら、猫づくしにしちゃおう、と
帯揚げも猫、おまけで、帯留めも猫!
シルバーグレイ地に、スマートな黒猫柄。
またちょうど良く、同色の三部紐があったよ〜。
帯留めは、お昼寝猫。


mao_nekoobid.jpg

お太鼓部分と、たれ部分に、3匹。
赤いおリボンをつけていて、このリボンに、ポツポツと、水玉刺繍がしてあります。
町田に引っ越してきてから、締めていないので、
おそらく、4〜5年ぶりかな。

着物をどうしようか、と少し迷いましたが、
このリメイク帯には、絹よりも、木綿 や ウール が似合う。


chibashibitsyukan.jpg

千葉市美術館は、区役所との複合施設だそうで、
旧川崎銀行千葉支店を修復し、その建物を、守るかのように
新しい建物と合体しているものでした。

銀行の入り口。


mao_nekoobif.jpg

銀行の入り口から 右にちょっと動いて、記念撮影。
車で行ったので、ショールだけ持って。

(実は、右の足袋にも、1カ所、猫の刺繍アリ・笑)

この帯は、私の、もう1つの モテ帯 ということが判明。
あら〜、猫! あら〜、ここにも! と、たくさん声をかけていただきました。
童や猫の力は、すごいね〜 (笑)


chibashibijyutsukan.jpg

ボストン美術館に眠っていたという、ビゲローコレクションから
初里帰りの着物が ... 17点 ... すごい、すごすぎる。
その他に、共立女子大学が所蔵するものを中心に、
着物だけではなく、帯、小物 ... かなりの規模。
しかも今日は、展示を入れ替えした後だったので、
前期は、また違う展示内容だったということ(ビゲローコレクションは変わらず)。

たっぷり2時間かかってしまいました。


chibashibijyutsukang.jpg

とっても気に入った時だけ、企画展の目録を買います。
今日は、買った!ビゲローコレクションの中で、着てみたい〜と思ったのは

白絹縮地桜折枝檜扇模様単衣
(しろきぬちぢみじさくらおりえだひおうぎもようひとえ ... 読めね〜〜)

江戸時代、18〜19世紀のものだそうです。

美術館では、着物割引があり、粗品もあります ... と
浮世絵柄のバンドエイドをいただいてきましたよ。

その後、建物の上にあるレストランに、ランチタイム終了ギリギリで滑り込み、
あっという間に、カフェタイムも終了時間 ... 。
また、会いましょう! を 約束して、高速道路に乗りました。

千葉からの帰り、ライトがついたレインボーブリッジを渡り、
キラキラの東京タワーをフロントに見て、
あぁ〜都会の夜景って、キレイだなぁ〜 ... と、いい気分で
スイスイ〜〜と走りました。

楽しい1日を、ありがとう!

category: 冬のきもの

thread: 着物・和風小物 - janre: ファッション・ブランド

tb: --   cm: 2

コメント

へー、リメイクの帯ってあるんですか。
猫の帯揚げも初めて見ました。
楽しいですね。

ボストン美術館って、日本のお宝を何でも持って帰っているんですね。
着物もあるんですね。
ボストンに一回行ったことがあるんですが、ボストン美術館に行けばよかった。

URL | オリーブ #H7vKOzLA
2013/01/22 22:29 | edit

オリーブさん、アメリカはみんな持ってった!

ボストン美術館で、浮世絵を見た時には、
驚愕でしたね ... えーー、全部持ってきちゃったんだ ... と。
今回もそうでしたが、とっても保存の状態がいいので、
むしろ、持って行ってもらった方が良かったのかも ... ?

この帯は、おそらくリサイクル帯に、アンティークの端切れから
うまく絵の部分を使って、パッチワークにしていると思うんです。
リサイクル値段でしたね。だから、というわけでないですが、
やっぱり、木綿やウールのような普段着との相性がいいです。
帯揚げは、うわっ、かわいい黒猫!と飛びつきましたが、
なかなか使う機会がなくて ... やっと出番がきました。

お洋服ではできませんから、こういう遊びは楽しいです〜。

URL | mao #-
2013/01/23 00:23 | edit

コメントの投稿

Secret